メディプラスゲルは嘘!?効果は本当にあるの?

手軽にうるおいをキープできると口コミでも人気のメディプラスゲルですが、口コミの中には乾燥した、ニキビができた、モロモロが出るといった気になるものもあります。

 

果たしてどちらの口コミが本当なのでしょうか。

 

 

 

メディプラスゲルの気になる悪い口コミ

メディプラスゲルを使った人の口コミには、好評なものもあれば効果を実感できなかったという悪い口コミもあります。
たとえば、次のような口コミです。

 

  • 乾燥した、うるおいが足りない
  • 使い始めてからニキビができた
  • ベタつく
  • モロモロ・ダマが出る

 

よい口コミとはまるで正反対の内容といえますが、メディプラスゲルの効果は嘘なのでしょうか。
このようなトラブルが起きる場合、自分の肌にあった使い方ができていないことが多いのです。

 

 

 

肌の状態にあわせたメディプラスゲルの使い方

メディプラスゲルを使っても効果が実感できないというときは、それぞれの状態にあわせた使い方を工夫することが大切です。
トラブルにあわせて、以下のような方法を試してみてください。

 

 

 

乾燥やうるおい不足のときは、使う量を増やす
乾燥を感じるときは、使う量を増やしてみましょう。
1回につき2プッシュを目安に使い続けることで、肌の水分と油分のバランスを保ち、肌の乾燥を改善していけます。

 

 

 

ニキビができるのは乾燥や体質が影響している
ニキビの原因は、その多くが肌の乾燥です。
メディプラスゲルの保湿ケアを続け、肌に触れる時間を減らしていくことでニキビも解消していきます。

 

しばらくスキンケアを続けてもニキビが改善しない、悪化するという場合は成分が体質・肌質にあわない可能性もあるので、販売元に相談してみてください。

 

 

 

ベタつきが残るときは朝晩で使う量を変える
乾燥で肌が硬くなっていると、メディプラスゲルの成分が肌の上に残ってベタつきに感じることがあります。
スキンケアを続けると次第に肌が柔らかくなり、ベタつきは軽減していきます。

 

メイク前のベタつきが気になるときは、メイク前に使う量を少し減らしてみましょう。

 

 

 

モロモロやダマ対策はこすらないこと
メディプラスゲルでカスのようなものが出るときは、こすりすぎている可能性があります。
肌に馴染ませるときはやさしくハンドプレスをしたり、メイクをするときも優しく肌に乗せるようにしてみてください。

 

 

 

よい口コミのような効果が実感できない、トラブルが起こるというときは、自分の肌にあった使い方ができるよう、メディプラスゲルを使う量やケア方法を工夫してみましょう。

 

⇒【今だけ!】メディプラスゲル公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!